斎藤 斉 (さいとう ひとし)
国立群馬工業高等専門学校 自然科学(数学)

連絡先

郵便: 371-8530 群馬県前橋市鳥羽町580
E-Mail: saitoh@nat.gunma-ct.ac.jp

2K 数学AI・IIについて

 7月28日は第一回の質問日です。解答が出来ていますので、是非来て下さい。

 7月28日は17名の参加でした。次は8月4日です。

 8月4日は12名でした。まだ、21名の人が解答を取りに来ていません。11日に
たくさんの人が来るのを期待しています。
 結局、1名を除いて解答を取りに来ました。9月1日のテストはどうでしたか?

3J 数学AI・IIについて

 8月29日の「共通試験」の勉強をしっかりやって下さい。皆さん一人一人が
目標を持って、それ以上の良い結果が出ることを祈っています。

4J・4C 応用数学Iについて

 4Cの学生さんは後期のみですが、ときどき見て下さい。

専攻科 複素解析について

 9月15日が休日であるのを忘れていました。1日と8日でなんとかしたいと
思っています。補講の希望があれば、やります。

専攻科 工学数学演習I・IIについて

 私の担当する工業数学演習Uは終わりましたが、質問のある人はいつでも
来て下さい。

オフィスアワーについて

 原則としては月曜日(16:00-17:30)ですが、他の曜日でも気にせず訪ねて
ください。ただし、月に一回は専攻科委員会があり休みます。このページにも
書きますし、部屋の前にも貼っておきます。
 授業の内容はもちろんですが、学習相談・進路相談も歓迎します。気楽に
ドアをノックして下さい。
 ただ、学校一会議の多い人間なので、部屋を留守にすることが多くなります。
2度、3度とあきらめずに訪ねてください。

最近読んだ本・雑誌の記事など

 2003年7月24日、4Jの三井雄貴君にお願いして待望のホームページが出来ま
した。時間の許す範囲でいろいろ書いてゆければと思っています。

7月25日(金)
 私はよく図書館に行きますが、そのとき他の高専や大学の紀要をチェックします。
特にその中で教育論文に注目します。今日も2,3点見つけました。

 篠原 学 高専教育の現状と課題 −TOEIC対策は十分か− 新居浜工業高等
 専門学校紀要 第39卷 (2003) 

 中條清美 英語初級者向け「TOEIC語彙1,2」の選定とその効果 日本大学生産
 工学部研究報告B 第36卷 2003年6月

 中條清美他 ビジュアルべ−シックによるTOEIC用語彙力養成ソフトウエアの試作U
 同上

8月4日(月)
 斎藤兆史氏の本を読んで「英語教育」について考えた。木更津からの帰りに、
何軒かの本屋に寄って何冊か購入した。その中の一冊
斎藤兆史「日本人に一番
合った英語教育法―先人たちに学ぶ四〇〇年の知恵」祥伝社
 平成15年6月30日
発行(
1,300円+税)を読んで、最近の異常とも思える“英語教育論”の問題点
がよく分かったような気がする。
学内で皆さんとこの本を読んで、今後の「英語
教育」について議論できればと思う。

 神保町の巌松堂で以下の二冊を買う。(古本)
矢野眞和「高等教育の経済分析と政策」玉川大学出版部 
19961015日発行
天城 勲編「大学の入り口と出口―大学から高等教育へ5」サイマル出版会
19812
 また、別の書店で次の一冊を入手する。
D.リースマン(新堀通也他訳)「大学教育論」みすず書房 昭和361010
1刷発行(昭和44225日第2刷発行を入手)

8月6日(水)

 図書館に「大学論集」第33集(広島大学高等教育研究開発センター)が入りました。
私が興味を持ったのは、以下の二点です。
 有本 章 高等教育の国際比較研究におけるトロウモデルと知識モデルの視点

 土持ゲーリー法一 アメリカにおける一般教育改革の歴史に関する一考察−シカゴ大学
 およびハーバード大学を中心に


 また、論文の翻訳が一点あります。ボストン・カレッジ教育学部教授のフィリップ・G・アルト
バック氏の「高等教育研究と人材養成の国際的動向」(山野井敦徳訳)です。

 この論集には「書評欄」があり、地味ではあるが高等教育を含む教育書についていくつか
取り上げている。いくつか挙げてみると、
 苅谷剛彦「階層化日本と教育危機」、喜多村和之「大学は生まれ変われるか」、京都大学
高等教育教授システム開発センター編「大学授業研究の構想−過去から未来へ」、竹内洋
「大学という病」、竹内洋「大衆モダニズムの夢の跡 彷徨する“教養”と大学」、丹保憲仁・
大南正瑛編「大学評価を読む」、戸瀬信之・西村和雄「大学生の学力を診断する」などである。

9月1日(月)

 あっという間に夏休みが終わってしまいました。

9月12日(金)

 時間がなく、久しぶりに少し書きます。「経済セミナー」の10月号が、特集“教育の経済学”を
載せています。今年になって、私が買った本の中にこのテーマのものが3−4冊あります。具体
的に挙げると荒井一博 教育の経済学・入門、 永谷敬三 経済学で読み解く教育問題、 
小塩隆士 教育を経済学で考える、 などです。 この特集には6編の論文が収められ、その内
3点は上記の著者によるものです。この雑誌は図書館にありますので、興味があったら目を通さ
れることをお奨めします。 

最近聴いたCD, LPなど

 最新の「学校だより」にCDのことを書きました。私の生活の中で、「本を読む」
ことと「レコードを聴く」ことは大きな位置をしめています。(時間がなかなか取れ
ないのが悩みです) ときどきよかったなあーと感じたレコードのことを書ければと
思っています。CDの世界は、リマスター盤が多く出て、紙ジャケットで昔に聴いた
LPを彷彿とさせます。先日も、レッド・ツェッペリンのリマスター盤に感動しました。

Profile

斎藤 斉  (さいとうひとし)
血液型 B型  みずがめ座

1948年生まれで、群馬県沼田市出身です。詳しくは教官総覧のページを見て下さい。

教育・研究について

数学の学習について


斎藤 斉
国立群馬工業高等専門学校 自然科学(数学)

Hitoshi SAITOH
Gunma National College of Technology
580 Toriba, Maebashi, Gunma 371-8530, Japan

saitoh@nat.gunma-ct.ac.jp